PRIMA Ver.5.1.0 バージョンアップのお知らせ

4月 27, 2016 Update

お待たせいたしました、PRIMA Ver 5.1.0のアップデートのお知らせです。

下記ページからアップデート用ファイルをダウンロードしてください。
最新版PRIMA ver 5.1.0のダウンロードはコチラ

アップデートファイルは、Windowsの64bit版と32bit版で異なるファイルとなります。
お手持ちのWindowsがどちらかわからない場合は、下記ページを参考にご確認ください、
参照FAQ: Windowsが64bitか32bitかわかりません

※初めてのアップデートのかたは、こちらの動画をご覧ください。
PRIMA バージョンアップ時のアップデート手順

今回のアップデート内容については、以下のとおりとなります。
アップデート内容:
・タイマー機能の設定保存機能
タイマー機能を利用する際に、次回起動時に前回のタイマー設定を引き継ぐよう修正いたしました。

・取得項目の並び替え、UIの変更
取得項目の追加に合わせて、UIを変更、出力データの並び替えも可能となりました。

・FileExchangeのsold,unsold,standardの取り込みに対応
これまでは「Active-FileExchange」のみの対応でしたが、追加で以下のフォーマットに対応しました。

  • Active-Standard
  • Sold-Standard
  • Unsold

・取得項目追加
取得項目を以下の通り追加しました。
US:
[発売日] [定価] [EAN(PA-API取得)] [UPC(PA-API取得)]

CA, MX, UK, DE, FR, ES, IT:
[商品名] [メーカ名] [メーカ型番] [ブランド名] [商品の仕様1] [商品の仕様2] [商品の仕様3] [商品の仕様4] [商品の仕様5] [サムネイル] [画像1] [カートプライス] [カート送料] [パッケージ個数] [サイズ_重量] [サイズ_高さ] [サイズ_長さ] [サイズ_幅] [発売日] [定価] [EAN(PA-API取得)] [UPC(PA-API取得)]

以上が今回のアップデート内容となります。

また、なにかアップデートに関しましてわからないことがありましたら遠慮なくサポートセンターまでお問い合わせください。