FAQ

購入画面の表示寸法と、PRIMAで取得できるサイズの違いについて
Amaozn購入画面の表示寸法と、PRIMAで取得できるサイズの違いですが以下の通り、若干異なる項目となります。

 Amazon画面表示: 
   出品者が商品ページを作成時に入力した寸法。 

 PRIMAで取得(=MWSで取得): 
   基本は、出品者が商品ページを作成時に入力した寸法だが、FBAセンターにて納品時に明らかに異なる寸法だった場合にFBAセンターにて再寸法を行い、入力された寸法。

このように、基本は画面表示の値と取得する値は同じなのですが、画面よりはPRIMAで取得される値の方が正確なものとなります。
ライセンス認証ができないんですが・・・
PDFマニュアルにありますように、書き込み可能なファイルにPRIMA一式のフォルダを保存してください。

書き込み可能でないProgram filesフォルダなどでは、そのままではライセンス認証ができません。

もしくは、PDFマニュアルP.2~3のようにPRIMAのexeファイルのプロパティから、互換性の設定を変更してください。
「通常2~3日以内に発送」も取得したいのですが・・・
amazon.co.jpのセラー取得条件のうち、「発送準備期間」というのがハンドリングタイムにあたります。

PRIMAでは「指定なし」「在庫あり」「~7日」という設定がありますが、3日以内という区切りは申し訳ありませんがありません。

この理由として、MWSのレスポンスには、3~7日間の区切りがないため取得することができないのです。

ですので、「~7日以内」を選択してもらうと「通常6~7日以内に発送」というセラーも含まれますが、「通常2~3日以内に発送」も含んで取得することが可能です。
OSを再インストールしたらライセンスが使用済みで認証できません
Windowsをクリーンインストール(再インストール)した場合、PC固有のアドレスが変更されることがありますのでライセンスの再発行が必要です。

再発行が必要な場合は、サポートセンターへご連絡ください。
ライセンス再発行は手数料が必要ですか?
ライセンス再発行ですが、端末の変更や、OS再インストールなどの場合は 
特に費用はいただきません。 
(短期間に何度も再発行依頼される場合などは、費用を請求させていただきます)

ライセンスは申しつけくだされば再発行させていただきます。
「全体エラー」となってデータが取得できません
ほぼ間違いなくamazon.co.jpのMWSIDの登録ミスだと思われます。 
再度、マニュアルを参照のうえ、MWSIDの更新したうえでお試しください。

それでもデータが取得できないようであればサポートまでお問い合わせください。
同一PCで同時に起動させたい
動作保障外なのでおすすめできませんが、同一PC内ならPRIMAを複数同時起動は可能です。 

ただし、取得先サーバ側で「1時間に○個までなら取得可能」という制限がありますので、同時に実行したとしても 制限にひっかかり、取得速度は期待できません。

2個同時に立ち上げてそれぞれJP,worldと分けて実行いただければ JPとworldで取得先サーバが異なりますので、制限にひっかかることはありません。
追加ライセンス購入はいくらですか?
追加ライセンスは通常より1,000円お安い価格となります。
詳しくは現在の販売ページをご覧ください。

またPRIMAはMWSアカウントと連携していますので、追加ライセンスを取得いただいてもMWSアカウントごとのAPIリクエスト以上のデータ取得はできません。

ですので、もしライセンスを追加されたいのであればamazonのMWSアカウントも同一では望まれる結果は得られないおそれがあります。
ライセンスが届きません
メール配信スタンドのサーバの関係上、受信されるドメインによっては迷惑メールに振り分けられるケースが多数見受けられます。

今後SMTPサーバを変更するなど、改善は行っていく予定ではありますが、
通常、PayPalお申込み後数時間以内にライセンスを記載したメールを送信しています。

万が一24時間経過してもメールが来ない場合は、サポートチームまでお問い合わせください。
「ライセンスが使用済みです」と表示されます
認証後、再度PRIMAを起動するとライセンス認証をしたのにも関わらず「使用済み」となり、試用版が起動されることがあります。

これらは基本的にPRIMAのインストールフォルダの設置場所によって影響を受けていることがほとんどです。

主に、Windowsのシステム領域(Windowsの機能を構成するフォルダ等)にPRIMAフォルダを 
置くことで起こる可能性があります。

ご心配なかたは、下記の動画を参考に、Cドライブ直下にフォルダごとコピーして起動することをオススメします。
https://www.youtube.com/watch?v=a2TMXHaQHN4&feature=youtu.be
ASINリストは予め用意する必要がありますか?
はい、もちろんです。

ASINリストというのは在庫データであり、こちらから提供するものではありませんので予めご了承ください。

PRIMAは既にあるASINのリストや、amazon上のインベントリレポートを元に国内外のamazonから価格・データを収集するツールです。
新たにASINを収集するツールではありません。
インベントリレポートは別途用意するものですか?
インベントリレポートは、amazon上からご自身の在庫データをtxtファイルでダウンロードした在庫データファイルです。

amazon.comの場合、セラーセントラルの下記のページ(※ログインが必要です)からDL可能です。
https://sellercentral.amazon.com/gp/item-manager/ezdpc/openPickup.html/ref=ag_invreport_dnav_home_

Select Report Typeはデフォルトの「Inventory Report」のままでOKです。
デスクトップクラウドで使えますか?
お名前ドットコムのようなデスクトップクラウドでもPRIMAは動作確認済みです。

問題なく稼働することができます。

ただし、ご自宅のPCで一度ライセンス認証をされている場合は、ライセンスの再発行が必要となりますので、その場合はサポートチームのほうへご連絡ください。
BUY BOXの最安値を取得することは可能でしょうか?
buy boxにある商品のみを取得するという方法はございません。 
buy box獲得には価格以外のさまざまな条件があり、これを満たしているセラーが 
獲得されます。この条件はAmazon側の非公開条件となっております。

特にセラー数が多い商品ですと、数時間置きにbuy boxを獲得するユーザーが変わります。 
こちらを取得する方法はAmazonMWSで提供されていないため、取得はできません。
ある出品者の出品価格だけを取得できる?
現状ではAmazonMWSの提供機能ではできません。 
確かに機能的にはあれば、トップセラーを真似ることができますので便利かと思います。

ただ、もしAmazonMWSに機能が提供されれば、即PRIMAにも実装すべく機能だと考えております。
PRIMAを再契約したいのですが・・・
再度ご検討いただきありがとうございます。

無料お試し期間は、繰り返しお申込みされますと現ご購読者さまに失礼となりますので、
一度かぎりのお申し込みとさせていただいております。

再契約をご希望であれば、Official bolgのサイドバー内にある[PRIMA再申し込み(試用期間なし)]からお申し込みください。

なお、無料お試し期間はついておらず、はじめから課金スタートいたしますので、あらかじめご了承ください。
ライセンス済みのはずが突然ライセンス未登録状態となる
ライセンス済みのはずが、ある日突然、「ライセンス未登録状態」となることがあります。

この場合ですが、PRIMA起動時のライセンス認証に失敗していることが原因で、理由としては

 ・PRIMA起動時、PCのネット環境が正常でなかった
 ・ライセンス認証サーバ側になにかしらの接続障害があった

が上げられます。

PRIMA起動にネット環境が正常でなかった場合、ネット環境を正常に整えてから再度、PRIMAを起動しなおしていただくと正常にライセンス認証が完了します。

また、ライセンス認証サーバ側でなにかしら接続障害があった場合、こちらも何度かPRIMAを起動しなおしていただくと認証完了することがあります。

※3か月に一度程度、不定期でサーバ側のメンテナンスを行っております。この際、接続が不安定になる可能性があります。
CSVをEXCELで開いた際に、1セルに多くの行の情報が入ってしまう。
PRIMAから出力したCSVをExcelで開いたときに、出力件数とExcelの行数が一致しない場合があります。

原因ですが、商品名、商品仕様などに含まれる”(ダブルクォーテーション) をExcelが 

”(ダブルクォーテーション) ~ ”(ダブルクォーテーション) までの範囲を1セルの値だと判断し、行をこえて、1セルに格納してしまうためです。

こちらは不具合ではなく、Excelの仕様となっておりまして ,「カンマ」 という区切りのみでExcelに取り込むことによって解決します。

取り込み方法ですが、CSVをExcelで開く際に以下のサイトの方法をご参考にお願いいたします。 
http://d.hatena.ne.jp/so_blue/20100331/1270047670
WINDOWSが64BITか32BITかわかりません
Windowsデスクトップ左下の、
スタート > コントロールパネル > システム
から確認できます。
ASIN内の文字列にどこかを大文字→小文字に変換した場合のデータ取得結果について
通常、ASINは全ての文字が大文字で構成されていますが、ユーザ様側でなにかしらの理由により小文字に変換してしまった場合、
MWSの仕様により、numberOfSellers(出品者数)等の取得が不可となり、すべての結果が「0」となります。
例:B0002YNCP4 を b0002yncp4 に変換してしまった場合
ただし、「価格」と「送料」のみは正常に取得できてしまうため、出力データに不整合が起こる可能性があります。
ASINはAmazon画面とまったく同じ状態(全て大文字の構成)でPRIMAにお取込みいただきますようお願いいたします。
VPS環境で.NetFramework3.5がインストールできない
A:
VPS環境の場合、なぜインストールできないかはサーバ会社にお問い合わせいただきたいのですが、
.NetFramework3.5はwindowsのバージョンにもよりますが多くの場合、

 「windowsスタートメニュー」→「管理ツール」→「サーバーマネージャ」→「機能の追加」

 からインストール可能です。
Windows10には対応しておりますか?
対応可能でございます。
価格改定モードで設定した「最低許容価格」を下回る価格に、手動で変更することができません。セラーセントラル上で手動変更した場合、Amazonよりエラーメールが飛んできます。
PRIMAでは最低許容価格に設定された値は固定値としてAmazonに登録されます。 
それ以下の価格には手動ではできません。
設定値を変更する場合、PRIMAでの価格改定およびprice&QuantityFileのアップロードを
お願いいたします。 
price&QuantityFileの使い方Amazonのマニュアルを読むか、
Amazonセラーサポートにお問い合わせください。
Amazon.co.jpで2015年に導入されたAmazonポイント制度には対応していますか?
対応可能でございます。
新品商品として出品する際に「New - OEM」、「New - Open Box」など単純な「New」以外の新品コンディションがありますが、PRIMAでの扱いはどうなりますか?
すべて新品商品として扱われます。
従いまして「OEM」、「Open Box」と表記のある出品であったとしても、ひとまとめに新品商品として比較対象の価格となります。