ソフトインストール方法

1. ダウンロードしたファイルを解凍し、ご自身のPCのインストールしたい任意のフォルダ(※1)に「PRIMA」フォルダごと置きます。
※1  フォルダの場所は、システムフォルダ以外でお願いします。
   (Cドライブ直下、または、Dドライブ等をおすすめします)

2. この手順は 1. で「PRIMA」フォルダをシステムフォルダ(Program Filesフォルダ等)に置いた場合のみ必要な手順です。Cドライブ直下、Dドライブ等に置いた場合はこの手順をする必要はありません。


PRIMAフォルダ内の「PRIMA」(ブルーのアイコン)を右クリックし「プロパティ」→「互換性」→
「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
3. PRIMAフォルダ内の「PRIMA」(ブルーのアイコン)のショートカット(※2)をデスクトップに置きます。
※2  アイコン自体をコピーしたり、移動したりするとシステムが動作いたしません。必ず、ショートカットのみをデスクトップに作成お願いいたします。
4. 作成したショートカットをクリックするとシステムが起動します。

「 WindowsによってPCが保護されました。」というメッセージが表示される場合:

Windows8をご使用の場合、スクリーン全体に上記メッセージが表示される場合があります。
PRIMA紹介ページのリンク先よりダウンロードしたファイルは安全ですので「OK」ボタンを押さず、
「詳細情報」→「実行」をクリックしてください。

エラーとなり正常に起動しない場合:

.NetFrameworkのバージョン3.5 sp1以上 がPCに入っていない場合、システムが起動しません。
Microsoftのサイトより.NetFramework3.5 sp1以上をインストール後、再度システムを起動してください。