【重要】直近のamazon.com MWSアカウント情報取得についてのご案内

【重要】直近のamazon.com MWSアカウント情報取得についてのご案内

2018-09-27T21:45:11+00:00 2018年 9月 28日 (金曜日)|お知らせ|

お世話になります。
PRIMAを運営している株式会社illustrious代表の永木です。
重要なご案内となりますので、PRIMAをご利用のかた、またはPRIMAのご利用を検討されているかたはぜひ読んでいただけたらと思います。

これまでPRIMAをご利用頂いていた方はすでに取得済かと存じますが、
PRIMAをご利用いただくためには、下記MWSアカウント情報が必要となっております。

  • 出品者ID
  • AWSアクセスキーID
  • 秘密キー

これらの必要情報は、総じてamazonMWSの開発者アカウントを登録することによって取得できます。

まず、なぜPRIMAはアプリケーションの利用者も開発者IDを取得する必要があるのか。
これは、amazon MWSの規約上、Windows等のローカル環境で稼働するデスクトップアプリケーションは、
通常サーバー型のアプリケーションで使用されるMWS認証トークンによるAPIアクセスが禁止されています。

よって、PRIMAではユーザーさま毎で開発者アカウントを取得していただき、
上述した3点のアカウント情報を利用して、APIアクセスを利用する必要があります。

なのでこの開発者アカウント取得ができないと、実質PRIMAをご利用いただくことができません。

そんな開発者アカウントですが、
9月に入ってから、amazon.comでのMWS開発者アカウント情報取得のハードルが一気に上がってしまいました。

理由は現在調査中ですが、ハードルがどう上がったかというと、
MWS開発者アカウント取得に審査が入るようになり、
それが最大30日間を要する可能性があるということです。

そこで、PRIMAサポートでは、
早急にマニュアルを改変し、開発者アカウントの申請フォームの回答方法を追記しました。

MWSアカウント認証 – PRIMAユーザーガイド

申請フォームの内容は、一部ユーザーさまによって変わる項目もあります。
慎重に内容をご確認いただき、申請いただけたらと思います。

ただし、9/28現在ではまだこの申請フォームが出現してから、
審査に通って開発者アカウントを取得したという例が出ていません。

例が出ると、ある程度申請もスムーズになるかなと思います。
またその時は情報を共有させていただきます。

なお、こちらの情報は、
すでにPRIMAをご利用いただいていたり、
開発者アカウントをすでに取得されているamazonアカウントをご利用のかたには、
今のところ関係ありませんのでご安心ください。

これらは、今後新たにMWS開発者アカウントを取得する必要があるユーザーさま向けのご案内です。

また、これらは現在amazon.comでのみ確認されています。
amazon.co.jpなどではまだ事例が出ていませんが、
いずれ各国に波及されていくと思います。

すでに取得済の開発者アカウントを再度審査にかけられることは、
今の所考えにくいですが、可能性としてはないこともないので、
すでに開発者アカウントを取得済のかたも頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。

以上になります。

amazonは規模の割に展開が目まぐるしく早いモンスター企業です。
私たちもこういった新しい動きには、必ずついていく必要がありますので、
これからもamazonで売上を上げていくために、
今回のようにPRIMAでもできる限りのサポートはさせていただきたいと思います。

今回の件について、ご不明点ありましたらPRIMAサポートチームのほうへご連絡ください。